中國對日本的農村很感興趣,自然風俗活動也成為了旅游資源。
2019-10-22 玉子家 20742
原文地址
原文地址:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00000001-moneypost-bus_all
正文翻譯
原創翻譯:龍騰網 http://www.ltaaa.com 翻譯:玉子家 轉載請注明出處

日本の農村に中國.政府が強い関心、自然?風俗行事も観光資源に

中國對日本的農村很感興趣,自然風俗活動也成為了旅游資源。



工業化が進展すれば、経済が発展する。しかし、その一方で、農業が衰退し、農村が寂れ、農民が取り殘されていくという側面もある。日本では高度経済成のひずみとして、半世紀以上も前からこうした問題が深刻となっているが、高度経済成長の最中にある中國でもここ十數年、大きな社會問題となっている。

如果工業化發展,經濟就會發展。但是,另一方面,也有農業衰退、農村蕭條、農民被殘留的一面。日本作為高度經濟增長的弊端,半個多世紀以前開始這樣的問題變得嚴重,不過,處于高度經濟成長中的中國,這十幾年也成為大的社會問題。


“農村を如何に振興していくか”は、現體制において解決すべき重要な課題の一つとして位置付けられている。
2017年10月18日に行われた中國第十九回全國代表大會において、郷村振興戦略が初めて提起され、2018年1月、中央一號文件として、“郷村振興戦略実施に関する意見”が発表された。その後2018年9月に中國“郷村振興戦略計畫(2018-2022)”を発表しており現在は、この計畫をもとに、地方政府がより具體的な実施策を検討し、実行し始めている。

“如何振興農村”是現代體制中應該解決的重要課題之一。在2017年10月18日中國首次提出了鄉村振興戰略,并在2018年1月,發表了“關于鄉村振興戰略實施的意見”。此后2018年9月,中國發表了“鄉村振興戰略計劃(2018-2022)”,現在,以該計劃為基礎,地方政府開始探討并實施更具體的策略方針。





中國のマスコミは、「日本では地方振興政策の歴史は古く、多様な方法が実踐されていて、非常に參考になる」(郷村建設者“東渡”取経:去日本“跳島”帯回郷村振興新経験、2019/10/12、21世紀経済報道)と伝えており、瀬戸內國際蕓術祭について詳しく紹介している。これは、“2000年から3年に一度行われている世界最大規模の國際屋外蕓術祭であり、日本の農村文化の継承や発展を一つの目的としている”と説明、“中國の地方政府の擔當者が視察し、強い関心を示している”と伝えている。

據中國媒體報道,“日本地方振興政策的歷史悠久,實踐了多種多樣的方法,非常值得參考”(鄉村建設者“東渡”取經:去日本“跳島”帶回鄉村振興新經驗——來自2019/10/12,21世紀經濟報的報道),并詳細介紹了瀨戶內國際藝術節。這是"從2000年開始的3年一次的世界最大規模的國際室外藝術節,該藝術節的其中一個目的是為了日本的農村文化的繼承和發展",據說中國的地方政府的負責人視察后,對此表現出很強烈的關注。


日中両國は農業経営の構造や文化の背景が比較的似ている上に、中國の農村でも最近は、環境汚染、人口減少、老齢化が深刻となっている。彼らは、日本の経験が中國でも生かせると考えているようだ。

中日兩國農業經營結構和文化背景比較相似,而且最近中國農村環境污染、人口減少、老齡化嚴重。他們好像認為日本的經驗在中國也能發揮作用。


日本の地方政府は、資本の効率性やコスト削減の意識が強い。中國の農村も財政予算は少なく、資金は限られる。日本の一村一品運動であるとか、特色あるイベントの開催、積極的にSNSを活用したり、低価格を維持しながらも特色のあるサービスを提供しようとしたりしている民宿、小規模農業加工業者、水産加工業者、土産物加工業者の活動狀況などに注目している。

日本的地方政府,資本的效率性和成本削減的意識強。中國的農村財政預算也少,資金也被限定。日本有一村一產品的運動,加上那些舉辦特色活動,積極利用社交網絡并且保持低價格,提供特色服務的民宿和小規模農業加工業者、水產加工業者、土特產加工業者等的活動狀況等都十分值的他們注意。





文■田代尚機(たしろ?なおき):1958年生まれ。大和総研で北京駐在アナリストとして活躍後、內藤証券中國部長に。

撰文 田代尚機:1958年出生。在大和總研作為駐北京的分析師活躍后,成為內藤證券中國部長。
評論翻譯
原創翻譯:龍騰網 http://www.ltaaa.com 翻譯:玉子家 轉載請注明出處

flc*****
| 4日前
數々の日本の失策を學べるのは大きい、この記事に地方予算が少ないとあるが、いくら予算があってもセンスが無きゃね、第三セクターの綺麗な建物建てても閑古鳥が鳴いてるよ、個人的にも全く魅力を感じない、一方で成功した例もある、黒川溫泉や城崎溫泉なんか良い例で、観光地の人々が、何がうけるか受け入れて、改革と段階的な整備を整えた、地方はこの改革の部分をうまくやれるかが問題、まずはツアーで集客が良いかと思うが、観光被害とか問題もあり、町長への説得で詰みそうだwww

我覺得從各種日本的失策上學到點東西更重要,雖然新聞里說地方預算比較少,但是預算再怎么多,如果是個沒品位的人來管理的話就有點……比如在公私合營公司的漂亮建筑物里搞一些鳥語花香的,個人而言我覺得一點也沒有魅力,不過也有一些成功的例子,比如黑川溫泉和城崎溫泉就是好例子。對于觀光地的人們來說,什么東西是可以接受的,要在改革階段就慢慢準備好,地方政府在這部分能不能做好還是個問題。他們可能會先去想著說手機一些旅游的人的想法,而不去考慮當地人,這樣的話可能會造成一些觀光公害,縣長以后就不好說話了hhh


第三者に迷惑
| 2日前
別の風俗がいい。

別人家的風俗習慣比較好。
收藏譯文
評論暫時關閉, 后進行查看
大发10分彩-首页 快乐5分彩-首页 大发三分彩-首页 卡司时时彩-首页 完美彩票-完美彩票投注-完美彩票注册 巴黎好运彩-官网